読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

土井無限大・DOIムゲンダイアリ―

DOI∞(土井無限大)が思ったことを書くブログ

カウモ太田社長にDOI∞(土井無限大)がインタビュー! Part1~エンジニアになった理由~

 

 

今回は、カウモの太田さんに協力していただいて、Skyland Venturesが運営している渋谷にあるHive Shibuyaにてインタビューさせていただきました!

スタートアップに興味のある学生の方は色々参考になることが多いかもしれません。

 

 

 

 

 

f:id:DOI-infinity:20160607035149p:plain

無限大ーまずは太田さんがエンジニアになった、きっかけをお聞かせください。

 

太田さんーそもそも僕が18の時から起業しようと決めていたんですが、それに必要なものってなんなんだろうってスタートアップのインターンを4社経験していく中で考えた時に「自分でコードが書けることだろう」と思い、エンジニアになりました。

 

無限大ー学生時代はどれくらいインターンしていたんですか?

 

太田さんーそうですね。僕は大学を2週間くらいで辞めてしまって、働くしか選択肢がなかったので一番最初にエウレカっていう会社でエンジニアとして入ってその後、ナイルって会社でSEOやって、そっからRettyって会社でエンジニアとかSEOとかやってました。

 

無限大ーエンジニアになるまでにはどのように勉強されたんですか?

 

太田さんーエウレカ入ったときにエンジニアで入ったんですけど、『コード書けます』って嘘ついて入ったんですね。HTML CSSくらいは書けたんですけ、『まぁいけるだろう』と思って入って勉強しました。

 

無限大ー実際に入ってみてどうでした?

 

太田さんー入ってみて、ムチャクチャ大変でしたね(笑)

一番最初はリサーチの業務で1週間見られたんですね。で、リサーチの仕事自体が結構良かったので『お前いいな!』って言って入れさせていただける事になったんですがそっからアプリを自分たちで企画をして作ったのがエンジニアの始まりですね。

 

無限大ー実際作れたんですか?

 

太田さんーあぁ作れましたよ!インターネットに落ちてる情報を拾ってきて、それをググりながら作りましたね。

 

無限大ー最初にコード書けますって言って入って何やらされるか不安じゃなかったですか?

 

太田さんーまぁ最初はみんななんも出来ないじゃないですか?

なんも出来ないからって『なんも出来ないです』って言ってもしょうがないので、やっぱそこは後から頑張って帳尻を合わせるしかないのかなとは思いますね(笑)